ゲイ出会い~初めての経験~

公開日:  最終更新日:2014/08/22

男性を好きになって2年ほど経ってやっと出会いが訪れました。
相手はサイトで出会った年上のガタイのいい兄貴。
そんな兄貴とこの夏に初体験しました。

会って4回めくらいだったかな。
兄貴は俺が全然求めてくれないことにちょっとイラッとしてたらしい。
実は俺が奥手なだけなんだけど…
やっぱり初めてなのでどうしたらいいのか分からない。
男女のAVなら見たことがある。
でも同性のは見たことが無い…

そんなことを説明したら兄貴は優しく、もっと早く言ってくれればいいのに。
と、いうやいなや俺にキスしてきた。
俺も兄貴もメガネしてるんだけどお互いのメガネが当たってちょっとキスがしにくかった。

キスしてぼーっとなってる俺のTシャツを兄貴は脱がせていきなり乳首をせめてきた。
自分であんなに触っても感じなかった乳首が今は異常に感じる。

「はぁはぁ・・・んっ!」
「気持いいか?」
「はい…あっ」

兄貴は自分で経験人数が少なめと言ってたけどやっぱり一度経験してる人は違うなと思った。

「ああ…ダメ」

感じてると自分はこんな声をだすのかと自分でも驚きながら、でも色々考えるより今はこの快楽に身を委ねていたいっていう感情が頭を支配してて何もできなかった。

そのままズボンも脱がされてフェラをされた。
じゅぼじゅぼという音が凄い。
兄貴のフェラは唾液たっぷりの激しいフェラだった。

「ああ・・イク‥」
「何?もうか?よし俺の口に出せ」

どぴゅ!!ビュルビュル!!

腰が抜けたような感覚がして思い切り兄貴の口に出した。
鈴口から兄貴が吸い上げる感覚で背筋がゾクゾクした。
俺はしばらく放心状態でそのまま寝ちゃったらしい。
兄貴は俺のケツに入れたかったらしく寝てる間に色々俺のケツをいじってたそうだ。

目が覚めた俺を見てまた兄貴がキスしてきた。

「続きやろうぜ」

俺はそのまま兄貴に言われるがままケツを差し出して、ローションたっぷり塗りたくってから兄貴のモノを受け入れた。

メリメリツという表現がいいだろうか。
途中までは凄くきつかった。何しろ兄貴のカリはデカイ。
でもある一定を超えたらなんだか楽になった。
さすがに兄貴が動くと息が止まりそうな感覚になったが。

「あっ・・・兄貴気持ちいい」
「俺もだ・・・動くぞ」

兄貴がピストンする事に俺のケツに当たってパンパンと卑猥な音がする。
AV(男女のではあるが)と同じことしてるんだ俺‥と思うとなんだか妙に落ち着いてきた。
アナルの快感はすぐにはわからなかった。この日は兄貴が俺の腹の上に出して終わりだった。

やってしまえばこんなものかっていう感覚だったけど、何だか精神的に兄貴と繋がったみたいで凄く嬉しかった。
俺がアナルでウケる快感がわかるのは実に3回目の挿入になるわけだが、それはまた別の話で。

サムライスタイル
イケメンカフェ
MEN'S G-plan

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP ↑
  プロフィール  PR:無料HP  北播ドライビングスクール  イラストレーター 専門学校  シャーゼン  中古ホイール 北海道  タイヤ セレナ 激安  東京 専門学校 就職  中古部品 バイクパーツ  お薦め厄除けパワーストーン  改装工事  トリプルエー投資顧問 口コミ  GTウィング 中古  名簿屋