【ゲイに目覚めた理由】それは彼女(ニューハーフ)との出会いだった…(待ち合わせ編)

公開日:  最終更新日:2014/08/28

待ち合わせ場所に着き、早速メールを送った。
「待ち合わせ場所についたので、●●さんも到着したら返事ください!あ、俺の服装はパーカーにデニムなので、多分見たらわかると思います!よかったら声をかけてくださいね!」

ほどなくして肩をポンポンと叩かれた。

「初めまして(*^_^*)●●です♪」

(うわぁ~///すごく可愛い!女の子にしか見えない!でもチンポが付いてるんだよな?でも興奮する!!)

俺はそんなことを思いながら、
「あっ、初めまして!●●です!よろしくお願いします!!」

そう挨拶を交わし、まずは食事に向かうことにした。

「ここ、行きつけの居酒屋なんだけど安くて美味しいから!」
そう言うとニューハーフの彼女は、

「私もここよく来るよ!気が合うね(*´∀`*)」

そう言われた瞬間、俺の胸がドキドキと加速を始めた…。気持ちを落ち着かせながら席に着き、注文をする。緊張をほぐそうと思って生中を注文し、一気に飲む。

お酒の力もあり、饒舌になる俺。そしてすごく可愛い顔で笑うニューハーフの彼女。
俺は意を決して彼女に言った。

「俺、●●さんの事すごく好きになってしまった。だから、これからホテルに行きたい。もし俺で良ければ●●さんの彼氏になりたいよ!」

そう伝えると、彼女はお酒のせいなのか、恥じらってからなのか、頬がほんのり赤くなっている。すると、

「いいよ…///」

(やった!ついに俺に春がきた!!)
そんなことを思いながら席を立つ二人。居酒屋の勘定を支払い歩き出す二人。向かう先はモチロンラブホテル…。

(さあ、ついに彼女とのセックスだ!)

サムライスタイル
イケメンカフェ
MEN'S G-plan

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP ↑
  プロフィール  PR:無料HP  南湖自動車学校  Webデザイン 学校  カー用品  スタッドレスタイヤ 販売  タイヤ キューブ 激安  インテリア 専門学校  シャークミラー 中古  アメジスト  四街道 リフォーム  株エヴァンジェリスト 投資顧問  プリウス 中古  名簿屋