ゲイ出会い~十代最後の夏と発展場~

公開日:  最終更新日:2014/08/28

高校を卒業して、寮に入って専門学校に通っている俺。
寮とはいえ念願の一人暮らし。
噂の発展場というところに行きたくてたまらなかった。
これでやっと誰にも気を使わずに行ける。
そんな嬉しさとドキドキでいっぱいだった。

早速サイトで発展場の●●公園でやれませんか?
と自分のPRに載せて募集した。
するとものの数分で意気投合した5つ歳上のお兄さんは快く了承してくれて一緒に行くことに。

季節はもう夏。
むせ返るような熱気も夜はなんだか少しひんやりしている。
でもなんだか少し違う熱気を感じた。気のせいか?

「さて、じゃあベンチに座ろうか?」

お兄さんと隣合わせでベンチに座る。
暗めでわからなかったけどかなり胸板が厚い。
おもむろにお兄さんは僕の肩に手を回してきた。

「見せつけてやる?」

一瞬なんのことかわからなかったけど次の瞬間お兄さんは僕の口を自分の口で塞いで来た。そして左手で僕のベルトを慣れた手つきで外してきた。

「ちょっ・・」
「ここでするのは抵抗がある?」
「いえ・・・でも初めてで・・・あっ!」

返事をすると同時にTシャツの上から乳首をねじられた。
お兄さんはかなり慣れてるようだった。

そのまま20分くらいは攻め続けられた。
乳首と股間で同時にじっくり快感を与えられてもう僕の頭の中は真っ白だった。

ふと横目で芝生の向こうをみると人影があった。
見られてた。その人影はどう見ても右手が激しく動いている。

でもそんなことどうだってよくなるくらい気持ちよくさせられてた僕はそのままお兄さんの手で射精してお兄さんの手をベトベトにしてしまった。

「ごめんなさい」
「いいよ、それより気持ちよかったかな?」
「はい」

そんな夏の体験だったんだけど実はそのお兄さんは今でもいいお兄さんでこの体験談を書いてる僕のことを見ながらダンベルで鍛えています(笑)

サムライスタイル
イケメンカフェ
MEN'S G-plan

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP ↑
  プロフィール  PR:無料HP  南湖自動車学校  Webデザイン 学校  カー用品  スタッドレスタイヤ 販売  タイヤ キューブ 激安  インテリア 専門学校  シャークミラー 中古  アメジスト  四街道 リフォーム  株エヴァンジェリスト 投資顧問  プリウス 中古  名簿屋